ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁/禁酒

幸せなビジネスマンっているの?

ふと思ったのだけど、幸せそうな社長とかビジネスマンって見たことがない。

 

あと、会社の役員、部長とかの役職者もそう。

 

なにかを背負っているというか、取り付かれている感じがする。

 

少なくともボクが今まで見たところ、幸せそうな社長は見たことがない。

 

みんな仕事に追われていて、逃げ場がないように見える。

 

ただ、個人で農業をしてたり、工芸品を作っているような人は少し、幸せそうにみえる。

 

なぜそうかと考えたのだけど、個人で農業をしている人は農作物の成長が楽しいし、収穫した農作物は頑張った分だけ自分のものになるからではないかとおもう。

 

工芸品を作る人は、工芸品を作ることが好きだからではないかと思う。

 

社長とかビジネスマンって、お金を得るのが目的になっているし、お金を稼いだとしても、それがまるまる自分のものになるとは限らない。

 

社員や部下とか外注先、仕事で必要な物にお金を払ったりで、色々と神経をすり減らされるじゃないかと思う。

 

給料払っているのに社員や部下が期待以下の仕事しかしてなかったりすると、ムカついて仕方ないのではないかと思う。

 

そもそも、ほとんどの人が好きなことを仕事にできないから、好きでもないのに生活のためにどこかの会社に入ったりして、やる気がないけど給料をもらえるからなんとなくそのまま会社にいて、雇う側と雇われる側の目的が一致しにくくて、雇う側と雇われる側が我慢し続ける、というのではないのだろうか。

 

あと、会社というのは多数の他人が集うものなので、どうしても考え方が違う人が集まってしまう。

 

それもストレスになって幸せになれないというのもあるけれど、給料をもらうためにそこに居続けるないといけないので、人間関係が良くないのを我慢しないといけない。

 

あと、仕事をこなすために新たに人を採用しようとするけれど、求職者は本気でその仕事をやりたいかというとその可能性は低いと思う。

 

もし、求職者が本気でその仕事をしたかったら個人で始めるのではないかと思う。

 

ただ、どうしてもその会社でなければできないこともあるかもしれない。

その場合はその会社に入社して仕事をすると思うけど、そんな人は少数派だと思う。

 

皆それぞれ得意、不得意があってやりたいことも違うから、ほどんどの人が会社で働くというのはよくないと思っている。

 

ほどんの人が頑張りたくないことを頑張っている。

 

そんなふうに我慢をし続けるなければならないのが多いってなんか変だ。

 

会社で働くのは幸せになれない可能性が高いと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村