ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁/禁酒

鬱病になった人の追放劇

今の職場は、以前鬱病プログラマーがいた。


そのプログラマーは技術不足ということもなく、仕事も問題なくできていた。


少なくとも、ボクはそう思っていた。


だけど、鬱病のせいで、1週間に2日ぐらいは休みを取ることがあった。


そんで、会社の人からは嫌われていて、すごく陰口を言われていた。


結局、その人はプログラミングの仕事に従事するのは困難であると、その人の上司が判断し、職場の関連会社に異動になったのだけど、体のよい追放だったし、これがそのプログラマー鬱病を直したりするような対策には思えない。


ただ、ボクは個人的に納得できないので、何度か上司にこのことを聞いたりした。


そしたら、仕事ができないうえに、鬱病で仕事を休むから会社としては面倒見切れないという意見を聞いた。


そんで、悪口だけなんだよな、上司の言っていることが。


鬱病だからと同情もしないし、上司としてフォローしたような言動は一言もなかった。


上司に対して、人間らしさってものを感じない。


また、その上司は人に対しての扱いを好き嫌いで分別するのがあって、明らかにそのプログラマーのことを嫌っていて、全面的に悪いと決めつけていた。


ボクが思うに仕事ができないとは思わなかったし、一部の人は、そのプログラマーを評価していた。


つまり、ただ単に、上司のメリットにならないから、そのプログラマーを追い出したのだと思う。


以後音沙汰ないので今、そのプログラマーは異動先の職場でうまくやれているのだろうか。


ちなみに、前職では鬱病になった人は1年ほど休職して、ちゃんと鬱病を直して復活し、元通りに仕事ができるようになっていた。


今の職場、今の上司はそこまでの考えは及んでいない。


必要ないヤツは排除する、という感じだ。


世の中の会社では、鬱病になった会社員はどうなるのだろう。


鬱病には好きでなるわけではないのに、というか鬱病になる原因は職場の環境も関連していると思うのだが。


鬱病に対して会社は責任と取らないのだろうか。


少しでも、会社のやり方がまずかったのではないかと省みないのだろうか。


少なくとも、上司以外のお偉い人を含めて、前述の追放劇について反省らしきものを聞いたことがない。


今後、鬱病に罹った人も同様の道を辿るのだろうか。


そして、もし今後ボクが鬱病になったらどうなるのだろう、と考えてしまう。


そのプログラマーの人と同じく、別部署もしくは関連会社に異動させらるのか、退職推奨があるかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村