ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁

有給は使えることになっているけど、積極的に使わない方がいいと思う

こんにちは、睦月隆です。


オナニーを止めて51日目が経過しました。


今日もムラムラすることはなかったし、辛くもなかった。


でも、少し花粉症が辛い感じはするな。


さて、ネットで有給に関する記事を見かけた。

 

www.j-cast.com


有給の取り方について色々な意見があるみたいだ。


まぁ、一応有給というものは使いたい場合には使う権利があるってことになっている。


だけど、その通りに有給を使い放題に使うってことは難しいと思う。


なぜなら、昔っから会社員は好き勝手に有給を使うべきでない、と信じているからだ。


休みはなく、ひたすら、会社のために仕事するという事が美徳ってことになっている。


そんで、ほどんどの人がそのことをおかしいと思っているけれど、みんなで我慢しているから、抜け駆けできないような雰囲気になっている。


かつ、さらにおかしなことに有給を使うのは当然の権利だ、みたいな正論は受け入れてもらえない雰囲気にもなっている。


言っていることは正しいけれど、みんなが我慢しているだよ、というような感情論が優先されてしまう。


なので、好き勝手に有給を使ってしまうと、会社の周りの人間からのすんごい嫉妬を煽ることになって、会社に居づらくなると思う。


好き勝手に有給を使っていいのは、仕事ができすぎて会社の中で誰からも文句を言われない人間か、いつ仕事を辞めてもいい人間とかだろう。


ただ、これはボクは今まで生きてきて感じていることなので、全ての会社には当てはまらないとは思う。


中には有給が取りやすい雰囲気の会社もあるとは思う。


だけど、ほとんどの会社員は、できるだけ有給を使わないようにした方が無難だと思う。


そんで、有給を使っていい場合は、病気だったり事故にあったりした時とか、忙しい仕事が続いた後に休日の前後に使うとかに留めておいた方がいいと思う。


ネットでは、有給は使うのは当然の権利みたいな意見があるけれど、それを額面通りに受け取ってはいけない。


このようなことを言うのは、経済的に自立していて強者の立場の人か、本名は出さずに心の叫びを言っている人だと思う。


なので、大半の人の意見にはならない。


ちなみに、このような強者の立場の人間が正論をネットで発言することをよく見かけるが、これらもほとんど額面通りに受け取ってはいけない。


やはり、大半の人は弱者の立場なので、正論通りに振舞って得することはなかったりする。


というか、損する事がある。


ネットの情報は発言している人のポジショントークになっている事がよくあるので、参考にするのに留めておいた方がいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村