ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁

ブラック企業について思うこと

こんにちは、睦月隆です。


オナニーを止めて44日目が経過しました。


もうオナ禁で辛いことはない。そしてオナ禁の日数のみ増えていっている感じだ。


さて、今日はブラック企業について書いていこうと思う。


昨年は大手広告代理店の労働条件が過酷なことが原因で自殺した女性社員のことがメディアで報じらたことはご存知だと思う。


まぁ、これは氷山の一角であって労働条件が過酷な会社はたくさんあるのは間違いない。


サービス残業、パラハラなどブラック企業にまつわる話はよく耳にすると思う。


ブラック企業は、規制を強めたって絶対なくなりゃしないと思うし、また少なくなることもないだろう。


なお、ブラック企業は嫌だけど、生活費のために辞めるわけにはいかず、そのことについて足元を見られているという話をよく聞く。


ブラック企業が嫌なのであれば、一人で独立して生活できるスキルを身につけて、ブラック企業を辞めることだろう。


そして、ブラック企業を辞めようとしても、辞めさせないように働きかけると思うので、律儀に退職交渉なんてしないほうがいいだろう。


ブラック企業はバックレるに限る。


というか、労働法では退職の意思表明をしてから2週間が経過したら会社は辞めていいのだ。


なのに、会社を辞める数ヶ月前には会社にその旨を申し出るというのが不文律になっている。


かつ、会社を辞めるのは周りの人に迷惑がかかるかとダメだと。


じゃ、前述の労働法はなんなのか、ということになるが。


おかしなことにそのような理不尽な言い分がまかり通っているのだ。


そして、ブラック企業に対して律儀な対応したとして、後で得することはあるかというとないと思う。


また、ブラック企業の人間を全てを敵に回したっていいではないか。


その人達と一切会わなければいいのだから。


というか、ブラック企業の人間はほとんどの人が嫌々働いているだけでしょう。


そんな企業は世の中から淘汰されたほうがいいでしょう。


みなし残業とかやりがいを餌にしてサービス残業させる会社はブラックだと思うのですけど、違いますか?


このようなことを言うと、中には長時間働きたい人はどうするんだー。みたいな意見をいう人がいるけれど、こんな意見を受け入れたら、みなし残業とかサービス残業が正当化されるでしょう。


なので、繰り返すがブラック企業が嫌なら、食ってけるスキルを身につけて、バックレがいいでしょうよ。


転職?


転職はしないほうがいいと思うのです。


だって、転職先がブラック企業だったら意味がないですからね。


ブラック企業って入社しないとわからないと思いますし。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村