読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁

人は合理性ではなく感情で動くのだよ

オナ禁 心の叫び 上から目線からの意見

こんにちは、睦月隆です。


オナニーを止めて43日目が経過しました。


オナ禁ってこんなにうまく行くのだろうか。


初めてのオナ禁でこんな長期に渡って続いているなんて。


ググったらオナ禁は数日で頓挫するような記事がよく見つかるもんなんだが。


単にボクの性欲が少ないのか、歳のせいなのだろうか。


あと、3日前にひさしぶりに行ったジムでの筋肉痛はまだ残ったままだ。


やっぱ運動は定期的にした方がいいと思う。


さて、最近つくづく感じたことであるが、人って合理的ではなく感情で動くのだよ。


社会人になった時は、理不尽に感じたことが多々あったのが、やっぱりね合理的に物事を判断している人って少ないのよ。


物事の判断って、自分の感情が最優先されて、それに対していかにも正当化できそうな理由を後づけしているのだよ。


なぜなら、物事を合理的にすることによって、成功した人が必ずいい思いをするかというと違うでしょう。


「出る杭は打たれる 」って言うし、合理的に事を成し遂げた人に対して嫉妬があって、成功した人が攻撃されたりするし。


やっぱ感情が優先されるわけだ。


なので、合理的な発言をしている人のことをそのまま受け取ってはいけない。


その発言した人に対して、合理的なやり方で応えようとした時にそれが不愉快だったら怒りを買うからだ。


「改善したい意見はなんでも言ってくれ。」
「何か相談があればなんでも・・・」


みたいなのは、絶対に真に受けてはダメだよ。


これらの発言の意図は、その発言者が好都合な改善したい意見とか、好都合な相談ならいいけど、うざい、または、めんどくさい相談をしたら絶対いい顔されない。


なので、これらな発言に対しては合理的なやり方で応えようとするのではなく、不愉快ではないやり方で応えるのが正解なんだよ。


そのような観点で社会を見ると、合理的でなかった仕組みがわかることがある。


例えば、会社で大した能力がないのに出世してたり、大した仕事してないのに評価が高かったりしたりする人がいるでしょう。


こうゆう人は仕事の成果が目で見えるものがなくても、顧客とか上司の感情に対して不愉快なことをしてないからなんだよ。


または生理的に好かれているとかそんな感じである。


よく観察してみればわかると思う。


なので、それに対して、明らかな仕事の成果を出している人から見たら理不尽に感じるとは思うけれど。


社会の仕組みには合理的ではない理由があるんだよ。


そして、人との関係は好き嫌いの感情があって、こればかりは変えることが難しい。


好き嫌いも根本には理由がなくて、生理的なものというか感情なんだよな。


結局、社会は人間の感情が第一優先されているわけだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村