読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁

プログラマーひとりで作るサービスってなにがいいの?

こんにちは、睦月隆です。


オナニーを止めて39日目が経過しました。


今日も特に辛いことなく過ごせた。


というか、仕事が忙しいンだよ。


やっぱ、オナ禁にすごく効果あるのは仕事が忙しいことであると思う。


仕事のことで頭がいっぱいで、オナニーどころでなくなるからね。


仕事で暇がなくなって、帰宅したらご飯を食べて寝るだけ。


そして、そこで無理してオナニーしたらダメだけど。


本当に仕事が忙しかったらそんな余裕がないはず。


なので、オナ禁には仕事を忙しくすることだ。


ブラック企業に勤めているひとだったら、いいんじゃない?


アッ、オナ禁以前にブラック企業で働くのは良くないか。


さて、最近のブログで書いていることだが、会社員を続けるのは損なので、自立するために何かサービスでも作ろうかと。


そんで、サービス作るにも色々と考えなければいけないのであるが、ひとまずプログラマーであるボク個人で作れるサービスというと何か?


まず、ボクやデザイナーではないので見た目で勝負はダメだ。

 

そんで協力してもらえそうなデザイナーもいないし、仮に手伝ってもらったとしても、それなりの報酬を支払わなければなれない。


今のボクにそんな資金力はない。


そうなると、便利さや面白さを追求することになる。


そんで、あまり時間を使わなくて、労力を使わないとなると(プログラマー個人なのでデカすぎる目標は立てないことにする。)


ヴィジュアルというか、絵とか動画を使わないテキストベースのサービスなのではないのかと。


そんで、収益はアフィリエイトであるようなネット広告か、課金にすることになるのではないかと。


テキストベースでもブログの記事を書くのは時間がかかるので、Twitterのようにユーザーにテキストを入力してもらうようなSNSか、まとめサービスのようなものであればできようだ。


だけど、すでにあるTwitterのようなSNSNaverのようなまとめサービスではダメだと思うので、わかりやすく簡単なサービスがいいと思うがどうだろう。


でも、そのわかりやすく簡単なサービスというのがどうすればいいのかなのだが。


頭の中にはいくつか案があるので、とりあえずWebサイト、アプリを作成してみるか。


サービスが当たるかなんかって保証はないのだから、思いつく限りのサービスを作るのがいいと思う。


あと、日本国内だけではなく、英語版でグローバルなサービスにしてみようと思う。(下手くそだけど、ボクはちょっと英語ができる。)


下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるだ。


これが現実的な方法かな、と思っている。


とりあえず実践あるのみ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村