ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁/禁酒

オナ禁の禁断症状は辛い

こんにちは、睦月隆です。


今日はバレンタインデーです。男子諸君の皆さんはチョコレートをもらいましたでしょうか。


女性は義理チョコであろうとも男子諸君に配布して、金銭も気遣いもされて頭の下がる思いです。


さて、オナニーを止めて11日目がたった。


昨日に今日は午前中はオナ禁の禁断症状に苦しめられた。


なんか、身体中が痒くて落ちつかないのだ。


そして、呼吸が落ちつけられない時もあった。


早く射精したいと思った。


なぜ、オナニーを止めて10日を過ぎてこんなに苦しい思いをするのか、分からない。


たまたま、AmazonKindleで購入した電子書籍にこのようなことが書いてあった。

 

 

 


「満月に近ければ性衝動は強くなり新月になれば性衝動は弱くなる」


今は2月14日、ググると2月11日が満月とのこと。これが関係あるのかもしれない。でも科学的根拠が分からない。なんでなんだ。


ちなみに、今日はお昼ご飯を食べた後、15:00ぐらいまで強烈ではないが、少しばかりの睡魔が襲ってきた。


それ以降は落ちついた感じだ。少しばかり射精をしたいという衝動に駆られ続けた1日だった。


それで、射精をしたいという衝動に駆られた時に、デスクで座りっぱなしでプログラミングしようとしている時が特に辛かった。


プログラミング以外のプログラム用のテストデータをExcelで作成している時は少し楽になった。


体を動かさずに、思考モードになろうとするととても辛い。


オナ禁は頭を使わず、没頭できることがあると少し楽になれると思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村