ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁/禁酒

堕ちていく男 その11

前回までの内容

堕ちていく男 その1 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その2 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その3 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その4 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その5 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その6 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その7 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その8 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その9 - ルサンチマン日記

堕ちていく男 その10 - ルサンチマン日記

 

男からLINEのメッセージが届いていたが、度重なる男の駄目さに辟易して無視することにした。


それから、2日過ぎて、男からLINEのメッセージが届いた。


男「なんで無視?無視はないでしょ。」


そんな挑発行為に、ボクが律儀に対応すると思っているのだろうか。
この男に関わると、ボクは消耗していくし、男にとって、いいことはひとつもない。男は自分自身の生き方を省みようとしないのだ。
もう、こりごりだ。


ボクはLINEで男をブロックすることにした。
そして、Facebook上の友達から、男を削除した。
これで、男もしつこく連絡してくることはないだろう。
よく考えたら、ボクが人に対して、こんなにドライな対応をしたのは始めてだ。
でも、仕方ないのだ。男が自分自身で堕ちていってのだ。ボクのせいではない。


また、後で気付いたのだが、多数の中学生の同級生もFacebook上の友達から、男を削除していたようだ。
おそらく、多数の人にお金を貸してくれ、と相談したのだろう。
事の真相は、確かめるつもりはないけれど、間違いないだろうと思う。


そして、男からは一切連絡がなくなった。
やはり、はっきりとした意思表示は大事だ。


最後に、男との関係は終わったのだが、なにが、男をこのような生き方をするようになったのだろうか。
中学生時代の生き生きしていた男の存在が嘘みたいだ。


ただ、せめて、ちゃんと更生してくれればと祈っている。
そして、もう、数年程は男のことに関しては、なにも聞いていない。
ときどき考えてしまうのだが、始めに男からの相談があったときから、ボクの対応は悪いところはあったのだろうかと。

やっぱ、甘やかしてお金を貸したのは、よくなかったのではないかと思っている。
そのせいで、男に変な期待を持たせてしまって、男が正しい判断ができなくなってしまい、ボクに甘えてきたことの可能性は否定できない。


そして、その男との関係を終わらせたのは、縁の切れ目は金の切れ目だったと思う。
また、中学性の同級生とその男の関係も同じだったと思う。


長々と書き連ねましたが、これはノンフィクションです。
対して面白い内容ではないのですが、ボクの知っている人間関係の中で、落ちぶれてたというか堕ちっていった男がとても印象的に残っていたからです。
そして、たびたびこのお話を思い出し、当時のボク自身の振舞いを再考することがよくあるので
自分の考えも整理するため、文章として残しておこうかと思いました。


これで終わりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村