読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁

社会人はいきなり理不尽を押し付けられる

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて97日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、今日は社会人はいきな理不尽を押し付けられることについて書いていこうと思う。


仕事していて思うのは、いきなり理不尽な思いはするかと思う。


で、それがなぜ、こんな思いをすると思うのであるが、おそらく、上司または先輩の八つ当たりだったり、嫉妬だったりする。


なので、理不尽な思いをしたら、深く考えずに、そんなもんだなぁ、と思い軽く受け流した方がいい。


たとえ、理不尽なことが長く続いても。

会社という組織体系について思うこと

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて96日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、今日は会社という組織体系について思うことを書いていこうと思う。


最近というか、自分が社会人になった時から思っていたのだが、ほとんどの会社って必要以上に役付きがいたりする。


また、意味のわからない役職名で、年配のオッサンばっかりだったりする。


そんで、少子化の影響だろうけれど、若者がすくないので、若者に役付きが回ってきづらくなる。


ということで、ほとんどの会社のピラミッド構造の組織体系は今の時代にそぐわないような気がしている。


ほんとんでの会社は年寄りばかりが多いのに、年寄りを頂点にしたピラミット構造を維持しようとしても、したの若い人間が少ないのだから、難しいでしょう。


もう、今のほとんどの会社のようなピラミッド構造の組織体系はやめて、フラットな組織にするとか、組織にせず、各個人事業者の集まりのようにした方がいいかもしれない。

物は増やさない方がいい

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて95日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、今日はに物は増やさない方がいいことについて書いておこうと思う。


今、ボクは部屋にテレビ、ステレオ、アイロンはおろか、テーブル、ベッドも椅子もない。


なぜかというと、生活に困ることはないからだ。


しかも、引越しする時に物がたくさんあると、荷造りが大変である。


ボクは日本各地に何度か転勤の経験があるので、荷物の多さが害悪だというのを痛感している。


不必要な物はない方がいい。

悪い事ばかりが続くのはチャンスだと思う

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて94日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、今日はいいことが続けておこるのはよくないのではないかと思っているので、そのことについて書いておこう。


てか、正確にはいいことが続けておこるのは悪いことではないけれど、浮かれるようなことが続いて、調子に乗り過ぎて謙虚さを忘れるのが良くないかな。


やっぱりにね、不運なことがあったり、自分ばかり嫌なことがあったりすると、思考を巡らせるようになると思う。


そんで、他人への嫉妬も大事だとは思う。ただし、それが他人に害を加えるのでなく、それを糧にして見返してやろうとするのなら。


なので、悪い事ばかりが続くのはチャンスだと思う。


こんなことを書いたのは、最近いいことがないからというのもある。


ただ、幸運なことに仕事が忙しくて、落ち込んでいる暇がないのである。


不幸な時は、忙しくするに限る。

平日に時間を節約した方がいい習慣について

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて93日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、今日は平日に時間を節約した方がいい習慣について書いていこうと思う。


ズバリ、晩御飯とお風呂だと思う。


晩御飯はお酒飲みながら、ダラダラとしていると1時間ぐらい、あっという間に過ぎてしまう。


お風呂も同じ、ゆったりと長風呂は時間がもったいないと思う。


個人的には、晩御飯とかお風呂を長々とリラックスして楽しむのは、週に1日、いや、月に1日ぐらいでいいと思う。


時間は大切に使おう。

休日に遊び以外でがんばらない方がいい

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて92日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、今日は休日に遊び以外でがんばらない方がいいことについて書いておこうと思う。


平日に仕事をしてて、休日に勉強とか副業頑張るぞっと意気込むことはあるかと思うが、実際にそれらが捗ることはない。


むしろ、ほとんど手付かずで終わってしまうことが多いと思う。


多分、平日と違って休日は自分で自由に時間を使えるので、効率良く物事が進むと思うかもしれないけれど、そこに落とし穴があると思う。


まず、平日に仕事しているので疲れているので、どうしても休日になると気がぬけてしまう。(自分に甘えてしまう。)


そんで、1日って時間が経過するのが早いものである。(勉強 or 副業をがんばらないと、と思っているけど、ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまう。)


なので、休日に勉強とか副業をがんばるぞって計画を立てて実行するには、すごく自分に厳しくて現実を見極めできる人間でないと難しいと思う。


というか、個人的な経験から、休日に遊び以外でがんばるより、平日から少しずつ勉強とか副業を進めていた方が捗ると思う。


いきなり、休日だけ特別に行動できるわけがない。

時代の変化

こんにちは、睦月隆です。


オナ禁を続けて91日が経過しました。


連日と変わりなく、ムラムラすることもないですし、まだ夢精もしてないです。


さて、最近というか、ずっと前からなのだが、生活していて変わってきたことについて書いておこうと思う。


スーパーのレジは、若い人でもなく、中年の人でもなく、60歳を過ぎた女性をよくみるようになった。


あと、フォストフード店でも同様に感じる。


また、コンビニでは外国人の店員(多分アルバイト)をよく見かける。


そんで、職場では若い人の比率は少なく、年寄りの男性もしくは中年のおっさんが多数を占めていると思う。


多分、近年もしくはこれから会社で働く若年者は仕事の負荷と気遣いが多大であろう。


ボクが社会人になった2000年頃でさえも、前述のような感じではなかった。


スーパーのレジで60歳を過ぎた女性を見ることはなかったはずだ。


若い人も少しは見かけたし、中年の人も結構いたはずだ。


コンビニに外国人の店員もいなかったと思う。


会社でも今より若い人の比率が高かった気がする。


そんで、あらためて感じたことは、なんか世の中はアンバランスなんだ。


よく聞く高齢化社会ってのを本当に感じるようになってきた。


若年層が少ないので、年寄りが多く感じるんだ。


若年層というか、30代のボクでも、年寄りばっかり相手だと、気遣いが大変である。


そんで、年寄りは短期で頑固な人間が多数の割合を占めていると思う。


長い間人生を過ごしてきて、苦労を味わって人格を身につけている年寄りは少数派だと思う。


これからの若年層は、年寄りと関わっていくのが損と感じて、社会に関わるのが嫌になり、会社に就職せず、若年層だけで起業して生きて行くという選択肢を選ぶようになっていくかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村