ルサンチマン日記

ルサンチマンプログラマーの心の叫び/オナ禁

海外での飲料水と歯磨き

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて68日が経過しました。

 

今日もやはり、ムラムラすることはなかったです。

 

さて、今日は海外での飲料水と歯磨きについて書いておこうと思う。

 

まず、日本のように水道の水をそのまま飲料水とすることができなかったりする。

 

間違えて飲んでしまった場合は、お腹を壊してしまう。

 

また、歯磨きの後で口をゆすぐのも止めておいたほうがいい。

 

ちなみにボクは、海外での歯磨きは、歯をブラッシングした後に、口内にある歯磨き粉を洗面器に吐き出して、口の回りをティッシュで拭く。

 

そんで、ミネラルウォーターで口をゆすぐ。

 

なぜ、ブラッシング直後に歯磨き粉を吐き出すかというと、歯磨き粉が口内に残ったまま、ミネラルウォーターで口をゆすぐと、多くのミネラルウォーターが必要になるので、まず、洗面器に歯磨き粉を吐き出している。

 

みなさんはどうしているんでしょうか。

booking.comは参考にするだけだけで、予約には使わないほうがいいかもしれない。

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて68日が経過しました。

 

今日もムラムラすることはなかった。

 

さて、今日は海外のホテルの予約について思ったことを書いていこうと思う。

 

海外のホテルの予約は、booking.comで予約することがあるのだが、そしたら、ホテルに着いてチェックインするときに、だいたい、booking.comで予約するより、当ホテルのWebサイトから予約したほうが特ですよ、と説明してくれる。

 

で、なにが特なのかも説明してくれる。

 

宿泊料金が安いとか、洗濯のサービスが無料になるとか。

 

なので、booking.comはホテルの評判を参考にするだけにして、予約は宿泊するホテルのWeaサイトから予約するのがいいのではないかと。

南国のスイカは美味しかった

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて67日が経過しました。

 

今日もムラムラすることはなかった。

 

東南アジアの国に来て気がついたのだが、暑いせいかスイカを食べたらすごく美味しかった。

 

ただそれだけなのですが、いまさらながらこんな気付きがあるのだな、と。

海外の宿泊先のホテルの部屋に虫がいる

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて66日が経過しました。

 

まだ、夢精なしです。

 

さて、今滞在しているホテルなのだが、部屋の中に虫がいるんだよね。

 

昨夜なんか蚊が耳元を通った音で目が覚めてしまった。

 

蚊以外もいるけれどね。

 

蚊が気になって、寝れなくなったので頑張って、蚊をどうにか退治してた。

 

血が吸われてました。

 

南国だから、夏みたいな感覚ですよ。

 

悪いばかりではないですよ。

 

スイカが美味しかったです。

 

オナ禁継続によるXデイはいつなのだろうか。

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて65日が経過しました。

 

今日もやはり、ムラムラすることはなかった。

 

そんで、まだ夢精もしてない。

 

だけど、長期の海外出張中なので夢精したら、すごく困るんと思う。

 

一応、ホテルのサービスで洗濯してくれるけど、日毎にちゃんと洗濯物が返って来なかったりする。

 

30代だと何日射精しないと、夢精するのだろうか。

 

夢精するにしても海外出張が終わってから起こることを祈ろう。

日本人は礼儀正しいわ、まじで。

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて64日が経過しました。

 

今日も特にムラムラすることはなかった。

 

さて、海外で感じるのだが、やっぱり日本人は礼儀正しいわ、まじで。

 

エレベーターとか中に乗ってた人がでてくる前に、待ってた人が入ろうとするし、回りを気にせずに大きな声でしゃべるし。

 

あと、日本でもあることだけと、よく、中国人の団体の旅行客を見かける気がする。

そんで、これがまたうるさいんだよ。

海外のホテルでのトラブル

こんにちは、睦月隆です。

 

オナ禁を続けて63日が経過しました。

 

今日も相変わらず、ムラムラすることはなかった。

 

さて、今日は海外のホテルでのトラブルについて思うことを書いておこうと思う。

 

トラブルが起こるのは仕方ない(本当は仕方ないことはないですよ。)こととして、トラブル時に受け付けに備え付けの電話か、直接問い合わせるのです。

 

すると一応英語で問い合わせるですが、会話が成立します。

 

だけど、その後がグダグダだったりする。

 

お願いしていた洗濯物が届いてないから持って来てもらったのはいいけど、違う宿泊客のものを持ってきたり、クーラーがちゃんと動かないからチェックしてもらったりするんだけど、その時にやってくる従業員が英語できなくて、会話が成立しないときがある。

 

今日はクーラーがちゃんと動かなかったから、受け付けに問い合わせて、そんで、従業員が来たのだけど、やっぱり英語が通じなかった。ところが、その従業員はiPhoneを取り出してGoogle Translateを使うのですね。

 

なので、今日はその従業員と会話が成立しました。めでたしです。

 

やっぱ、海外は当たり前を考えないほうがよいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村